各国料理が大集合!!

キムチの味 その1

韓流ブームと言われて久しいです。特に女性の中では、韓流ドラマと韓国料理というのは、ほとんど嫌いな人はいないのではないか、というぐらい盛り上がっています。男性にとっても、K-POPアイドルが好き、という人は多いのではないでしょうか。

 

ともあれ、韓流ブームが起きる前から、韓国料理はある一定の人気を保ってはいました。また、日本人の食卓にごく自然に上る韓国の料理として、キムチや焼肉、ビビンパ、チヂミなどがあります。これらは、今では私たちの生活に欠かせないものになっていると言っても過言ではありません。

 

本場韓国では、大体7世紀ぐらいから、野菜を塩漬けにして保存性を高め、かつ味を良くして食べる、という技法が生まれていました。それが、キムチの原型です。最初のキムチは、いわゆる水キムチのような感じで、今のような赤い色はしていなかったようです。まだそのころには、韓国に唐辛子が伝わっていなかったとされています。唐辛子が伝わったのは16世紀に入ってからで、そこから数百年かけて、今のような赤いキムチへが生まれたのです。

 

 

銀座 火鍋

キムチの味 その2

韓国料理と唐辛子は切っても切れない間柄です。もちろん、辛くない韓国料理はたくさんあるのですが、それでも、韓国料理と言えばあの特徴的な赤い色と、そして強烈な辛さを思い起こす人がほとんどでしょう。韓国食材の代表格であるキムチは、唐辛子の赤い色と辛さを備えています。

 

朝鮮半島に唐辛子が伝わったのは、実は日本からなのです。豊臣秀吉による朝鮮侵攻がきっかけで伝わり、それから100年近くかけて普及していきました。今では、全世界を見渡してみても、有数の唐辛子消費国となっています。

 

キムチは唐辛子を用いた食材ですが、全世界的に見ても、日本と韓国を除いて、野菜を発行させた食品を日常的に摂取する国はほとんどありません。

 

ただしキムチの歴史はそれほど古いものではありません。1900年代に入ってはじめて、白菜の栽培がはじまりました。そこで、唐辛子抜きの、いわゆる水キムチのような漬物が出来上がり、それが発展し、唐辛子が入り、さらに魚介類などを加えて、今のキムチが出来上がりました。

 

ブーチューブとは