アジア料理とミ―ゴレン

アジア料理とミ―ゴレン

料理の世界でエスニック料理、アジア料理というと、主にインドネシアの料理や、マレーシアの料理を指す言葉ですね。その中でもミーゴレンという料理は、一般的なもので、よく食べられるものであるのですが、これはインドネシア語で「焼いた麺」という意味です。

 

「ミー」は麺で「ゴレン」は焼く、炒めるという意味で、日本で言うと、これは焼きそばということになりますね。「ナシゴレン」という料理もありますが、これは「ナシ」という言葉がご飯を意味していて、ご飯を焼くということで炒飯ということになります。ミーゴレンは唐辛子がよく使われていて、かなり辛いものですが、しかし、同時に卵も使われていて、辛いだけではなくて、まろやかでもあります。しかも、地域によって味つけが微妙に異なっていて、マレー系はシンプル、中華系は具が多く、インド系はスパイシー、といった感じで、味がそれぞれの地域で異なっています。

 

そして、インドネシア、マレーシアでは、ミ―コレンは主に屋台で食べられています。向こうではお店で食べるより、屋台で食べることの方が多いとのことです。

 

江東区 葬儀なら葬祭センター川上