チョウメンという料理

チョウメンという料理

インド料理店が東京には多いですが、そこではバングラデシュの人や、ネパールの人が多く働いています。以外にも、インド人はあまりいないとのことですが、インド風のレストランと言うと、やはり、そうしたインド以外の人たちが経営していることが多いとのことです。

 

ネパールの料理には、もとは中国の料理であったチョウミンという料理があります。これはネパールでよく食べられているのですが、日本で言うと、焼きそばのようなものです。また、ネパール料理はモモと呼ばれるネパール餃子もあり、有名です。チョウミンは、別名、チャウメン、チョ―メンとも言われます。漢字では「炒麺」と書くのだと思いますが、これは「チャーハン」が「炒飯」と書くことから考えて、間違いないと思います。

 

チョウミンはタイ料理のパッタイなどとも似ていて、ねっとりとした食感で、スパイスとヨーグルトで味付けされます。使われるスパイスは、カレーに使われるスパイスです。そして、チョウミンに使われる具材は、どういうものかと言うと、これは玉ねぎなどの野菜と肉を使って作られます。