スリランカの食文化 その3

スリランカの食文化 その3

スリランカという国は、インドの南の海に浮かぶ、島国です。もともとがスリランカと呼ばれていたわけではなく、1972年までは「セイロン」という呼称でした。よく聞かれるセイロンティーという紅茶は、スリランカ産のお茶のことを指していたのですね。

 

広さは、北海道よりも少しだけ狭い程度です。その面積に、住んでいるのはなんと2000万人ですから、人口密度はそれなりに高いと言えます。インド、東南アジアならではの人ごみをイメージしてもらえれば、わかりやすいかと思います。

 

スリランカはインドにかなり近いですから、もちろんインド料理とかなり似ています。スパイスをふんだんに用いた料理が多く、カレーも色々な種類があります。ただし、カレーが主食、ということではなく、色々あるスリランカ料理のひとつというポジションです。

 

スリランカでは、カレーによくココナッツミルクが使われます。他にも、モルジブフィッシュという、日本で言う鰹節もよく使われます。魚介とココナツミルクの味がベースになっている料理が多いです。

 

 

横浜 美容室 口コミ
五反田 和食