ネパールのやきそば? その2

ネパールのやきそば? その2

ネパール料理には、もちろんカレーもあります。ネパールのカレーは、全体的にインドのものなどに比べて味がマイルドであることが特徴です。スパイスは効いているのですが、辛みはそれほど強くなく、使われている油の効果か、ルーがもったりしています。

 

チョウミンはネパール風の焼きそばですが、見た目もほぼ、日本の焼きそばと変わりません。一言で言えば、カレー風味の焼きそばです。ただ、調味料としてヨーグルトが使われているからか、カレーと同様、もったりした食感です。

 

東南アジアの麺料理全般に言えることなのですが、脂っこくてちょっともったりしているのは麺料理の特徴です。パッタイやミーゴーレンなどは同じですよね。

 

ネパール料理には、カレー、チョウミンの他に、餃子のようなモモ、スパイスをきかせたジャガイモを生地で包んで揚げた、サモサなどがあります。全体的に香りづけのためのスパイスはふんだんに使われていますが、辛さはそれほどでもないので、お子さんにもおススメです。