パティスという料理

パティスという料理

宝石や紅茶の産地ということで、スリランカは有名です。スリランカはインドの南にある島国ですが、宝石や紅茶の他に、スリランカの食文化はかなり独特なものがあります。スリランカ料理には、「パティス」があります。フィリピンではパティスという言葉は、魚醤と言われていて、ニョクマム、ナンプラーと同じようなものです。

 

揚げ餃子のようなものがパティスなのですが、具材を生地て包むのはもちろんのこと、しわを寄せて包んで焼くのは、中国の餃子と同じものですね。なので、このパティスは中国から伝わってきたものなのかもしれませんが、しかし同時に、こうしたものは、世界中の料理にもあって、多くの地域で見られます。

 

パティスは、サモサにお肉が入ったようなものと考えても良いのですが、肉、魚のすり身が中身に使われて、他に各種刻み野菜、ジャガイモなども使われます。

 

具材を包むのは、小麦粉の皮ですが、これは少し皮が厚めで、使われるスパイスはカレーと同じものです。パティスはあまり辛さが出ない料理ということで、スリランカ料理では珍しいもののようです。