魅惑のミーゴレン その1

魅惑のミーゴレン その1

インドネシア、マレーシアの料理は、広くアジアン料理、エスニック料理というくくりでよく知られています。中でも、ミーゴレンなどはポピュラーなものではないでしょうか。ミーゴレンとは、インドネシア語で「焼いた麺」というような意味です。つまり、焼きそばでしょうか。「ミー」は麺、「ゴレン」は焼く、もしくは炒める、という意味です。ちなみに「ナシゴレン」という料理がありますが、「ナシ」がご飯を意味しているので、炒飯というような意味になります。

 

インドネシア、マレーシアでは、ミーゴレンはよく食べられています。唐辛子がけっこう使われていて、それなりに辛いです。現地ではお店で食べる、というよりは屋台で食べられているものです。

 

辛みは強いのですが、卵をつかっているので、ある程度マイルドに仕上がっています。また、マレーシア系なのか、中華系なのか、それともインド系なのかによって味の傾向が異なります。マレー系はシンプルで、中華系は具が多い、インド系はスパイシー、という感じです。