パティスの食べ方

パティスの食べ方

パティスと聞くと、フィリピンの魚醤を思い出す人が多いですね。特に料理をしている人が多いのですが、スリランカにもこのパティスという料理があります。これは肉や野菜を混ぜた具を入れて、油で揚げたものです。サモサや揚げ餃子のようなものですね。

 

そもそも魚醤は呼び方がいろいろあって、国によってさまざまなものがあります。フィリピンではパティス、タイではナンプラー、ベトナムではニョクマム、そして、日本ではしょっつると呼ばれます。パティスは主食ではなくて、おやつのように食べられるとのことで、スリランカでは、お茶の時間に紅茶と一緒に食べるそうです。

 

日本人がお茶と一緒に食べるものというとどうしても甘いものという感じがしますが、しかし、パティスは甘いものではないので、少し驚いてしまいますね。どちらかというと、ビールと一緒に食べるものという感じがするのですが、ボリュームもあり、辛さもしっかりと効いていて、日本人だと、お茶よりもビールと一緒に食べたいと思うのですが、こういうものは、屋台なんかで売るといいかもしれません。