日本と韓国では唐辛子の味が違う

日本と韓国では唐辛子の味が違う

東京にはコリアンタウンというものがあって、大久保や、東上野などにあります。ここには、韓国料理であるキムチがよく売られていますが、しかし、こうしたキムチは、国産のキムチとは味が違っています。

 

辛みがまろやかであるとのことなんですが、国産のスーパーとは異なるそうです。これは韓国産の唐辛子を使用しているからだとのことです。実は日本の唐辛子と韓国の唐辛子では、味が違っていて、辛みも異なります。こうした味の違いは、日本と韓国で、気温や緯度が違い、その影響で唐辛子の辛み成分が大きく異なるからだそうです。

 

なので、韓国料理には多くの唐辛子が使われているのですが、しかし、思ったほど辛くはないとのことです。これは日本で作られている唐辛子とは違っていて、辛さは控え目で甘味や旨みが強い為です。なので、日本で作られているキムチとは、その味が随分と違うのですが、やはり、韓国製の唐辛子が使われたキムチの方が人気だとのことです。

 

さらに、日本では写真を撮る時には、チーズといいますが、しかし、韓国では、キムチーと呼ぶとのことで、国が違うと、掛け声も異なるそうです。

 

 

湯河原 ホテル
会社案内 | 湯河原温泉 大滝ホテル/旅館・宿